7合目にいれば合格できる

試験勉強は山登りと同じだ。
登っている時は苦しい。
山登りとの違いは
山頂まで行かなくても7合目で合格できることと
勉強しないと自動的に3合目に落ちてしまうことだ。

ケアマネ試験は介護支援分野と、医療福祉分野で
それぞれ65%取れば合格できる(理想は70%)。
100点は取る必要がないので
そういう意味で
山頂(100点)まで行かなくても7合目(70点)で合格できる。
と、言うのは簡単だがそれが難しい。

なぜなら忘れてしまうから。
勉強した直後は覚えていても
1ヶ月もすると忘れてしまう。
これを山登りに例えると
せっかく7合目まで登っても
忘れてしまったら3合目まで落ちてしまうのと同じだ。
7合目に居続けるためには勉強を続けなくてはいけない。
記憶を維持し続けなければならない。
その場に留まるだけでも相当な労力がいるのだ。

だからといって
難しく考える必要はない。
条件は皆同じ。
誰がチャレンジしようと
勉強法さえ間違えずに
継続していれば必ず7合目までいける。
7合目までのルートは1つではないので
毎日勉強をやらなくても
週末を上手に活用しても7合目までいけるかもしれない。
あるいは3か月前からはじめて一気に登ってもいい。

重要なことは
試験当日に7合目に居ることだ。

にほんブログ村 介護ブログ ケアマネージャーへ
にほんブログ村

Follow me!

次の記事

忘却曲線