介護福祉士試験 個別指導

介護福祉士国家試験合格基準(筆記試験の合格基準)
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア 問題の総得点の60%程度を基準として、問題の難易度で補正した点数以上の得点の者。
イ アを満たした者のうち、以下の試験科目11科目群すべてにおいて得点があった者。
[1] 人間の尊厳と自立、介護の基本
[2] 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
[3] 社会の理解
[4] 生活支援技術
[5] 介護過程
[6] 発達と老化の理解
[7] 認知症の理解
[8] 障害の理解
[9] こころとからだのしくみ
[10] 医療的ケア
[11] 総合問題
(注意)配点は、1問1点の125点満点である。

介護福祉士試験は125問、正しいものを1つ選べ形式で、事例問題が多いという特徴があります。合格基準は60%なので難易度はそれほど高くありませんが、働きながら介護福祉士を目指す人にとっては学生との差を縮めるためにも効率的な勉強をしたいところです。弊社では過去問の解き方についてZOOMアプリによるWEB講義を実施しております。希望される方は問い合わせフォームに必要事項を記入してお申し込みください。

受講までの流れは以下の通りです(Ⓐ受験生、Ⓑロムサポ)

Ⓐ問い合わせフォーム送信→Ⓑ支払い方法のお知らせ→Ⓐ支払い→Ⓑ講義

お気軽にお問い合わせください。0263-86-0770 受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ お申込はこちら